坐骨神経痛専門

坐骨神経痛 バランスボード|何とか立てるけど動くのは辛い方に

坐骨神経痛で痛くて動けない

by:kygp

坐骨神経痛を患う中等度の患者様にオススメするのはバランスボード、お尻のホッペ(中殿筋)の痛みがあると歩行やジョギングなどの立脚相で激痛が生じたり、自転車運動でサドルによってお尻が刺激されたりするため、両足で安定を保ちながら行える運動が良い。

バランスボード

中等度のお尻の痛みの方にオススメする方法

坐骨神経痛専門整体院のアークス整体院と申します。今日はお尻のホッペや太腿などに痛みを発する坐骨神経痛の治療として中等度の症状の方にオススメする方法についてお話させていただきたいと思います。重症の方が日常で歩いたり立ち上がったりすることが困難なレベル、軽症が日常に不自由は無いけどときおりお尻の痛みなどに悩まされてしまうとしたら、中等度は何とか立ち上がることが出来るけれども股関節の大きな動作である歩いたり走ったりするのが困難なレベルだと思ってください。つまり、歩くよりも少しだけレベルを低めにした運動が求められるぐらいの方を対象にさせていただきトレーニングメニューとしてオススメする方法についてお話させていただきたいと思います。また、このページでは坐骨神経痛と表記したときにはその原因として高齢者に見られる腰部脊柱管狭窄症は除外して考えております。近年では高齢者に見られる坐骨神経痛は増加傾向ではありますが、インターネットで検索されるユーザーとしてはかなりの少数になるため、読者の人数が期待できないため、運営経費の都合上高齢者を対象としては書いておりませんことをあらかじめご理解ください。

『どの筋肉を鍛えるべきなの?』多くの質問でいただくもの。基礎体力そのものを高める必要がある。

坐骨神経痛を患っている患者様からいただくトレーニングについての質問として多いものには『どの筋肉を鍛えると良いですか?』などという質問が多いです。多くの方は例えばお尻のホッペの中殿筋や腰の筋肉、脚の筋肉などどこか一つを鍛えれば改善されるものであるとお考えになられていることが多いです。しかし、坐骨神経痛というものはそういったものではありません。これを鍛えたから痛みの度合いが少なくなるなどという単純なものではないのです。全身の筋肉を鍛え、そして全身の体力を高めていただくことが求められるのです。基礎体力のベースを高めることが第一に求められるとお考えになっていただければ良いでしょう。

基礎体力を高めることは大切、しかし痛くて関節を動かす運動はとても無理・・・・関節を動かさなければ鍛えられる可能性はある。

ところが、坐骨神経痛を患っていらっしゃる方では関節を動かすような自転車運動や、ウォーキング、ジョギングなどとてもではないですができないこともあります。プールのように浮力で体を安定させてくれる状況下ならばトレーニングができるのですが、毎回プールまで脚を運ぶのはとてもではないけど難しいという場合も多いことです。プールに行こうと思ったら電車にのって片道数十分掛かるという方ではきっと長く続けることはできません。遊泳代金だって1回で400円以上することも珍しくないのですから経済的にも大変な負担を強いられてしまいます。

運動が出来ないのは立脚相の中殿筋の負担によるもの。

ではなぜ坐骨神経痛患者ではウォーキングなどの運動をすることが困難になってしまうのでしょうか?立っていることはできても歩くことがしんどいのはどうしてなのでしょうか?

そこに関係しているのが中殿筋なのです。

中殿筋とはお尻のホッペにある筋肉のことです。これまでに何度か説明しておりますのでここでは軽くご説明したいと思います。

中殿筋中殿筋とはお尻のホッペにある筋肉で骨盤と大腿骨をつなぐ筋肉です。股関節の動作の多くの動作に関連しております。股関節の動き=中殿筋の作用だといっても良いぐらい貢献しているのが中殿筋です。

とくに中殿筋が働くのが歩行でいうところの片足立ちになる瞬間だといわれております。

立脚相と遊脚相ちなみに歩行のときの片足立ちになっている側の脚のことを立脚相、空中に浮いている側の脚のことを遊脚相(ゆうきゃくそう)と呼びます。坐骨神経痛は立脚相のときにとくに痛みを発するものであると思っていただけると良いでしょう。従いまして、歩行を分析したときに坐骨神経痛を患ってしまっている患者様はその多くが遊脚相の時間が減少して、継ぎ脚(ビッコを引くような歩き方)になったり、肩を左右に揺するような歩き方をしたり、脚が棒になってすり足(脚を空中に浮かさない足先を引きずるような歩き方)になったりするのです。

この立脚相のときになぜ中殿筋が痛くなるのかと申しますと、中殿筋が片足立ちのときに骨盤を真っ直ぐ支えようと強く働くからなのです。

中殿筋による骨盤保持片足立ちになっているときの骨盤を後ろから見た図、右足が空中に浮いているわけですが、本来ならば骨盤は右下に傾いてしまうはずです。ところが骨盤が真っ直ぐに保たれるように左足の中殿筋が緊張して、骨盤の右側を挙上させているため真っ直ぐに保たれているわけです。したがいましてお尻のホッペの痛い中殿筋の障害を持っている坐骨神経痛患者は歩いたり走ったりすることが苦手なのです。

お尻の痛みが広範囲に拡がるとサドルに腰掛ける自転車運動もできなくなる。

このお尻の痛みが酷くなりますと、自転車のサドルのように座面の面積の小さなものに腰掛けるとその接触圧によって激痛を発することがあります。また、自転車の運転では腰をかがめる動作をしますので腰椎椎間板ヘルニアが原因となる坐骨神経痛では痛みが誘発されてしまいとてもではありませんが激痛で運動などできないこともあります。

自転車お尻の痛みが酷くなると、サドルなどのように小さな座面に腰掛けることができなくなったり、前屈みになることが辛くなることがあります。

両足を地面につけたまま鍛えられる鍛錬法が理想的

では坐骨神経痛で中等度の痛みの方が運動をするためにはどうしたら良いのでしょうか?あくまでも痛みの度合いにもよりますが、痛みが伴わない範囲で行えるのでしたら、お勧めするのは歩行のように片足立ちになったり、自転車のように腰を屈めたり、サドルに腰掛けずにできる運動です。

つまり、両足を地面につけたまま実施できる運動を行っていただくことが理想的です。本来ならばその場で足踏みするようなステッパーなどの運動器具も歩行とは異なり、両足の体重を支持しながら行えてオススメできるのですが、それよりも股関節の動作を少なく取り組めるものとして以下のものを提案したいと思います。

オススメする鍛錬法がバランスボード

バランスボード

そこでオススメするのがバランスボードです。バランスボードは骨盤や姿勢を真っ直ぐに支えるために全身のあらゆる筋肉が動員されますのでシーソーのように左右に板を傾けてみたり、体を真っ直ぐに安定させようとするだけで全身の筋肉を効率的に鍛えることができます。

バランスボードにも色々と種類があり、円盤型の四方八方にバランスを取ることができるものもあれば今回のように左右だけのバランスを保つようなものもございます。できるだけ中級者向けのメニューとして取り組み安いものということで左右バランスだけのものをご提案させていただきたいと思います。レベルアップに応じて円盤状のものを導入していただければ宜しいでしょう。あまり難易度の高いものを最初にやるのは難しいですからまずはコチラから取り組んでいただければと思います。

導入検討の際には片足バランスチェックを実施しましょう。

やはり坐骨神経痛の治療というものはどのようなものでも相性というものがございます。これの導入をお考えになられるときには参考として、立位で片足立ちになってみたり僅かに脚を浮かせて見たり、敷居を平行棒に見立ててスタンスを狭めた状態で立つことができるかなど?簡単なバランスチェックをして自分にできそうかどうかを事前に確かめていただければと思います。

片足立ちチェック台や壁、手すりに軽く手を添えた状態片足立ちになってみる。

平行棒テスト敷居の上に脚を一直線に構えて両手を左右に広げる

この程度のレベルで困難を感じる方はバランスボードを利用しての鍛錬は難しいのので、イスに腰掛けたままできるモーションナビ(腰掛けたままのステップマシン)などを利用してみましょう。

また、バランスボードの導入に当たっては手すりや台など安全対策に関しても検討いただければと思います。

それでは最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。これからも坐骨神経痛の方々に少しでも症状を改善していただけるようにがんばりますのでまた次回もご訪問なさってください。

皆様のお体が少しでも改善されるために

ぎっくり腰の出張整体を東京都の新宿区、渋谷区、池袋、港区、銀座などを中心に緊急処置しております。
症状の改善のために

アイテム忙しくて時間がとれない現代人が手軽に出来る方法

地道に取り組める方向けのアイテム性格や価値観に起因する部分が多く日常生活で用いるアイテムを見直すことが地道な体の変化をもたらす。

モーションナビお尻が痛くて立って鍛えることができない。時間が無くて鍛えられないという人向きのトレーニングアイテム

バランスボード何とか立っていられるけど股関節を大きく動かすと痛い

パワーポジションボール腰が曲がっていたり、腰が反っていたりと姿勢が由来するものの方にはとてもおすすめのアイテム

シックスパッドテレビCMでも紹介されているシックスパッドはどうなのか?

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための道具お尻が痛くなったときにはいつもセルフマッサージや整骨院でのマッサージを受けており、すでに揉みまくってお尻がしんどい方が安全に癒す方法

Vアップシェイパー

助かる食器洗いアイテム

ヘルストロン

腰に優しい寝具

サプリメント運動や食事などの面倒な療法ではなく、大人向けの治療法

姿勢関係する姿勢について

筋トレ根本治療を求める方のためのページ

筋肉筋肉との関係について

セルフケア日常的なケアとして取り組むことができるものについて。

メンタルメンタルの問題が大きい。人は不満を感じたときにその不満の反動が体に表れて引き起こす。

ストレス現代社会はストレス社会、どのようにストレスと向き合って行くべきか

鑑別疾患類似している疾患。これまで病院で検査しても原因が分からない方はご覧になってください。

手術困ったときの最後の切り札として多くの方が期待する手術・・・実際にはそれほどの良い手術成績であらず。

症状症状として稀に見られるものなど、特殊な兆候について

原因さらにメカニズムと病態生理に分類化してまとめます。

食事間違った食事を改善できれば多くのものは完治するはず。

その他(未分類)根本療法よりもどちらかと言うと対処療法として、その場の痛みを何とか手軽に解決するためのページ、未分類のものをすべてこちらに収めております。

アイテム忙しくて時間がとれない現代人が手軽に出来る方法

地道に取り組める方向けのアイテム性格や価値観に起因する部分が多く日常生活で用いるアイテムを見直すことが地道な体の変化をもたらす。

モーションナビお尻が痛くて立って鍛えることができない。時間が無くて鍛えられないという人向きのトレーニングアイテム

バランスボード何とか立っていられるけど股関節を大きく動かすと痛い

パワーポジションボール腰が曲がっていたり、腰が反っていたりと姿勢が由来するものの方にはとてもおすすめのアイテム

シックスパッドテレビCMでも紹介されているシックスパッドはどうなのか?

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための道具お尻が痛くなったときにはいつもセルフマッサージや整骨院でのマッサージを受けており、すでに揉みまくってお尻がしんどい方が安全に癒す方法

Vアップシェイパー

助かる食器洗いアイテム

ヘルストロン

腰に優しい寝具

サプリメント運動や食事などの面倒な療法ではなく、大人向けの治療法

姿勢関係する姿勢について

筋トレ根本治療を求める方のためのページ

筋肉筋肉との関係について

セルフケア日常的なケアとして取り組むことができるものについて。

メンタルメンタルの問題が大きい。人は不満を感じたときにその不満の反動が体に表れて引き起こす。

ストレス現代社会はストレス社会、どのようにストレスと向き合って行くべきか

鑑別疾患類似している疾患。これまで病院で検査しても原因が分からない方はご覧になってください。

手術困ったときの最後の切り札として多くの方が期待する手術・・・実際にはそれほどの良い手術成績であらず。

症状症状として稀に見られるものなど、特殊な兆候について

原因さらにメカニズムと病態生理に分類化してまとめます。

食事間違った食事を改善できれば多くのものは完治するはず。

その他(未分類)根本療法よりもどちらかと言うと対処療法として、その場の痛みを何とか手軽に解決するためのページ、未分類のものをすべてこちらに収めております。

-

総合案内

腰痛論

ぎっくり腰第1集

〃第2集

〃第3集

東京都

090-2413-0651

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰